フランス語がもとになっている英語の単語 - Marion sensei

無料体験レッスンはこちら
0120-704-620



フランス語がもとになっている英語の単語 – Marion sensei

English words of French origin
フランス語がもとになっている英語の単語

 

Hello everyone, this is Marion! Today I would like to talk about English words of French origins.
Some of you might have noticed that some English words have a strange spelling, or a strange pronunciation… For example a bride’s “bouquet” is not pronounced /bookett/, it is pronounced /bookay/. Why? Well, these words might come from the French language!
皆さんこんにちは、マリオンです!今日はフランス語がもとになっている英語の単語についてお話したいと思います。
ス ペルや発音がなんだか不思議だな、と感じる英語の単語を見つけたことがある人がいるかもしれません。例えば、花嫁さんの”ブーケ(bouquet)”は、 /bookett/ではなく/bookay/と発音されます。なぜでしょう?こういった言葉は、もともとがフランス語なのかもしれません!

 

Many people know that the English language comes from many different languages, mainly Latin and German. What many people don’t know is how much the French language has influenced English.
Nearly 30% of modern English words have a French origin, but the spelling and pronunciation have changed over the years. However, some expressions have kept the French spelling and pronunciation (more or less)!
多くの人が、英語は主にラテン語やゲルマン 語などの、いくつかの言語をもとにして出来た事を知っているでしょう。でも、フランス語が英語にどれほど大きい影響を与えたかはあまり知られていません。 現代の英語の単語の約30%は、そのスペルや発音は変わっていたとしても、実はフランス語から来ているのです。フランス語のままのスペルや発音を保ってい るものもありますよ!

 

Here are a few examples, let’s see if you know them!
いくつか例を紹介します。知っているものがあるでしょうか?

  • à la carte : literally ‘on the menu’, it means ordering dishes one by one compared to ordering a course
    「メニューに」という意味。コースではなくて、1つ1つの料理を頼むこと。
  • avant-garde : innovative, especially in the arts
    特に芸術の世界で、革新的であること
  • bouquet : a bunch of flowers – such as what a bride holds and throws when getting married
    花嫁が結婚式で投げるような花束
  • cliché : literally ‘a picture’, is used for expressions which are overused and thus lose all originality, and more widely a very predictable and unoriginal person or thing
    「写真」という意味。使い古されてオリジナル性を失ってしまったものに対する表現。予測できてしまったり、独創的でない人やものに対して使われます。
  • cuisine : literally ‘kitchen’ or ‘food style’, it is used to talk about a particular type of food/cooking, such as “French cuisine” or “Southern cuisine”
    「キッチン」や「食べ物のスタイル」の意味。フランス料理や南の料理、など、特定の料理について話すときに使われます。
  • déjà-vu : literally ‘already seen’, to talk about the strange feeling of having seen something/having been in a similar situation when you are sure that you have not…
    「既に見た」の意味。確かではないが、既にそれ、もしくは似たようなものを見たことがあるような変な感覚のこと。
  • en route : literally ‘on the road’, means on the way
    「道で」の意味。~の途中。
  • fiancé, fiancée : these words are used the same way in French and in English, to talk about the person someone will get married to!
    フランス語も英語も同じ意味で、結婚する相手のこと。
  • hors d’oeuvre : ‘outside of work’, refers to a small dish that is eaten at the beginning of a meal (like an appetizer)
    *note : in English, we use the word ‘entrée’ to refer to the main dish, but in French, ‘entrée’ is the same as ‘hors d’oeuvre’
    「仕事の外」の意味で、前菜のような、食事の最初に出される小さな料理のこと。
    *英語では主菜を’entrée’と言いますが、フランス語では’entrée’も’hors d’oeuvre’と同じ意味になります。
  • rendez-vous : ‘go to’, in French, it refers to a date or an appointment, but in English it can also be used as a verb (“Let’s rendez-vous at 8 pm”)
    「~に行く」の意味。フランス語ではデートや約束の意味ですが、英語では動詞としても使われます。(“Let’s rendez-vous at 8 pm”)
  • RSVP (Répondez, s’il vous plaît)  ‘respond please’,  used on invitations
    「返信をください」招待するときに使われます。
  • souvenir : ‘a memory’, something you buy while traveling and bring back as a gift for yourself or friends
    「思い出」。旅行先で買って、自分や友人のために贈り物として持って帰ってくるもの。

 

So, did you know any of these words?
Next time we have a lesson, let’s practice your pronunciation together!
知っている単語はありましたか?
次のレッスンの時には、一緒に発音を練習してみましょう!

A bientôt!!

See you soon!!
ではまた!

Sorry - comments are closed.